相模原市中央区淵野辺本町 ふちのべ動物病院 
Home > 最新情報 > フィラリア症

フィラリア症

投稿日:2013年4月11日

≪犬フィラリア症について≫

犬フィラリア症とは、犬糸状虫(フィラリア)が心臓に寄生することによって咳、食欲不振、体重減少、呼吸困難などが引き起こされる病気です。

さらに症状が進むと貧血や、血尿,腹水が溜まるなどの症状が起こり、死に至ることもある、とても恐ろしい病気なのです。

感染には“蚊”が大きく関わってきます。

フィラリア症の犬の血を蚊が吸血する際、フィラリアの幼虫を体内に取り込みます。その後、他の犬を吸血すると同時に、感染幼虫をうつすのです。

蚊の出る時期(4〜11月位まで)に合わせて薬を与えれば予防できる病気なので、月に1回、忘れずに投薬してあげてくださいね(^v^)

フィラリア症について、わからないことがありましたら、当院までご相談ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です